配達に行ったりアニマルのTVを見たりしてた

買いたいものがあったので、夕刻くらいに配送に行きました。近くのデパートに行って買いました。パンを買おうかなと思っていましたが、パンを売るところに行くと、割り引きしていないパンばかりだったので、スイーツを買うことにしました。スイーツを売るところに行くと、パンよりも安っぽいスイーツがあったので、スイーツを買いました。ポップコーンのキャラメル味覚を買いました。家に帰ってから、サパーを食べました。さぬき細うどんというのを食べました。ようやく食べましたが、さぬきと書いていたのでコシが著しいのかなとは思っていました。食べると、最もコシが強かっただ。か細いのにもかかわらず、コシが強かったので美味しかっただ。まだ惜しくもうどんが留まるので、また食べたいなと思います。そして、アニマルの企画を見ました。思い出深い写真も出てきたりしました。こういう企画は久しぶりに企画されたのですが、今日もこういう企画を見れて良かったです。すっぽん小町 購入店

雨止んで秋の収納整理のひと時になりました

台風や秋雨前線の影響によりざっと降った後は、20℃というくらい気温が涼しい、暖かいと感じたのは昼前後だけだった。
これでも降った時間としては以前より短く、午前中の早い時間から昼にかけて陽ざしがぽかぽか、秋の小春日和という感じです。

家の掃除などするには夏時期みたいに汗もかかないし、暖か傾向の気温になれば日中の換気もできるという時間帯があるのもいい。
10月の季節ならば晩秋から冬に向けての衣類のシフト時期、10月としての衣類シフトには少しばかり早い気がするので、数箇所の整理から始めてみました。

一般的な傾向と言うと日常は仕事面に集中していて、収納などを秋とか春、それに12月時期に整頓するスタイルで雑然としていても自然というものですが結構整っています。
季節ごとにピンポイントの片づけを集中して完了するので、整理といっても中身や収納方法のチェックくらいのもの。

余程年季で時代遅れのアイテムならば回収日に整理もあり、省スペースだから季節ごとの整理は必須項目、普段用に使う物と収納棚にあるだけというアイテムを分別する秋のひと時になりました。肥後すっぽんもろみ 店舗

姪っ子に翻弄される私。およそこんな感じですよね?

此度姪っ子が娯楽に来ました!
半年振りに会ったけどなんか大きくなってました。
娘の練習って事実速いだ。
姪っ子は保育園に通っていますが、今日は保育を休み自分に会いに来てくれました。
毎日彼の目当てをします。
何して遊ぼうかと思案しているという、
唐突に踊りする姪っ子。某日曜昼前TVの乙女専用アニメの踊り(EDで見て取れる方らしき)でした。
まったく知らない自分に関し、一緒に踊ろー、という駄目風。
見よう見まねで必死に体調を動かします。
例の踊りを3回繰り返した上、真昼を食べに近所のファミレスに。ちびっこディナーといったパフェを食す姪っ子。
小さいのにとことん摂るなと驚いていた職場、流石パフェを残していました。そりゃそう。
自分が残ったパフェを食べていると、特に食べるとブタになるよ??というきついワンポイント。誰のせいだ(笑)
先々夕食のエキスを買いにスペシャルへ。
軽食隅で例のアニメの軽食をねだられ買ってあげます。
先々、パフェを残していたのにドーナツが食べたいと言い出したので、どうしても買って差し上げました。
今や、姪っ子のATM。もいいのです。可愛らしいから。
姪っ子のおかげでかなりおもしろい毎日でした!ミュゼ 100

汚部屋であったためにもはやいちど貰えた次男からの文

我が家のこどもはTV等でよく見かけるような物を捨てられずルームが汚ルーム化するようなタイプだ。タンスに物質が入りきれず、ルーム中に溢れてある。でもそれが原因でこの間、誠に懐かしく心情があたたかく上るようなキャリアがありました。色々な情勢が変化する四月、久方ぶりにルームの模様替えから大洗浄をしたんです。幼稚園のかばんからガイド、ランドセル、体操ファッション、メモ用紙、靴を買ったときの余分入れ物などあらゆる物質が出てきて、よく床が抜けなかったと感心していました。はからずも段ボールの深層を見ると、古めかしい便箋が何枚もありました。その瞬間構造は見なくとも、当時のメモリーが数々とよみがえってきました。それは集大成こどもから引き取り手への郵便。いま、一緒に遊んでくれて有難う、や、奥さんの作っためし誠においしかった。週末には公園に行こうね、みたいな感じの安心の郵便だ、集大成。こちらに引き取り忘れたのや聖書したドラフトなど。何となく思い出深いのと、当時は殊に安心もしなかった郵便を読んでそっと涙ぐんでしまいました。こんなにも可愛かったのに本当に相手方をしてきたのかなあと不安も出てきましたがこ郵便を見る限り、今は怒ってたばかりのメモリーしか残ってないけどひとまず人並みの育児してたみたいで便利もしました。こどものルームが汚ルームだったために、当時のこどもからもっと愛くるしい郵便を受け取ることができた幸せな日帰りでした。でもルームは再び規格に片付けてもらいたいですね。虫が出てもお断りし。ミュゼ 100円 脱毛

断捨離は因縁が挙がる。抜群。いいことあった。

目下あったいいこと。
クラブに言う。おヤツがみつかった。ハンバーガーの思い出もらった。
小銭書き入れ見つけた。切手が見つかった。入り用がうまくいった。
I氏から告知が来てダイアログした。お通じがあった。お風呂オーバーホールできた。
今日はほんと、いろんなことがあったなあ。これが運命を差し替える断捨離の威力か。
部類特別片付けよう。ときめくものだけを残して、屑物は捨てよう。ガラクタは我が家の出先に出そう。
クレンジング決める。お風呂もオーバーホール決める。便所もオーバーホール決める。
便秘も攻略させよう。ルームも体内も。アクションで汗をながそう。
シャネルの洗いで形相をあらおう。綺麗になろう。シャネルをつぎ込み終わったらクリニークがある。
安心して形相をあらおう。まったく残ってる。ボディソープもいっぱいのこってる。
消え去るジレンマは考えなくて好ましい。お金が枯れるジレンマを思うと、かなり捨てられないのだけれど
それもなんとかなるだろう。これだけ勤めるのだし。たいていだいじょうぶ。

ほんとに夢中になるんだね、大人の塗り絵って

家事に、リクエストされてたものがあり、ウェブストアで注文してみた。
注文してから3太陽くらいで届いたのだけど、間もなく渡してしまうと、とっても何もしなくなっちゃう。

それが、届いたのが思いのほか早くてね。
大きな試行の前に届いてしまったのだ。
渡してしまうとキケンなのは目に見えて掛かる。

買った事だけは一先ず教えたのだけど、渡すのは試行が終わってからにしたのです。
それは本人の見通しを立てるように、わざと言ったのだ。

「試行が終われば手に入る。」
それが分かれば、忍耐もきくでしょ。

塗り絵が届いてから2ウィークが経ち、試行が終わったので、ゴミ箱のような客席をいくぶん片付けてもらってから引き取りたの。
キッズの塗り絵とは変わり、細く書かれたきれいな挿し絵。
内面観がひろがりそうな、ハイレベルの塗り絵です。

色鉛筆は36色あいのも一緒に買っておいたので、与えたわ。
12色あいだと物足りなさを思えるはずだし、ウェブストアで買った方が安かったしね。

塗り絵は、さくっと使っていた。
細いので、長年塗っていても、1WEBを塗り締めくくるまでに数日かかると感じる。
色あいも、単色で塗ったり、混ぜてみたり、グラデーションを擦り込みたりと、さんざっぱら面白そうだった。

これは、キッズには難しいし、おとなが十分に味わえると思ったわ。
暫しは、それに夢中になると感じるので、これはこれでいいかもしれない。
ガッツリ製作されると甚だしく散らかってしまうので、塗り絵でおとなしくしてもらおうかな。ミュゼ 予約

細胞の態度についてとペンギンなどについて

生物などについて授業しました。すべての生物の体調は、各種形式とがたいの細胞からできています。次は、植物細胞についてだ。ミトコンドリアは、細胞の息吹を行います。液胞は、物の貯蔵・分解をします。植物細胞で発達します。葉緑体躯は、光合成の場だ。リボソームは、タンパク質で組合せの場だ。細胞壁面は細胞の形式を持ちます。そして、ペンギンなどについて授業しました。ペンギンは、南半球のでかいに生息します。鳥類に分類されるが、飛ぶことはできず海にもぐって魚などを食べます。カメレオンは、トカゲなどのハ虫類のなかまです。灯の触発を素肌で感じとり、体躯カラーを段取りさせます。タツノオトシゴは、全長約9cmの魚類だ。その卵は、ふ化始めるまでオスの腹の中で保護されます。バカロートルは、ウーパールーパーの呼び名で親しまれる両生類だ。幼生のえらを有するとおり成熟します。このようなことを勉強して知らないこともあったので、学べて良かったです。ミュゼ 予約

久しぶりの帰省で旧友との偶然の再会といった恩師の訃報

毎年通年が流れるのが早くなっていくように感じますが、
そんな中でも今年は中でも手早く感じました。
何かとバタバタしていた所為もあるのでしょうが。

あんなある日の昼、久方ぶりの休日で街中を目論見もなくブラブラしていたのですが、
高校生時代の周りにバッタリ遭遇しました。
その旧友はあたしに声を掛けてきました。
「久方ぶりやな。元気にしてた?」
「まぁまぁかなぁ。あたいは?」
「俺も」
こんな感じで軽々しい世言明をしたのですが、
その周りが突然思いついたように
「あ!そういえば、高2の時の担任憶えたる?」
と言いました。
高2の時の担任は、こちらが終了と共に辞職で退官した先生でしたのでおみやげに残っていました。
「憶えてるけど、それがどうかしたん?」
あたしが尋ね、旦那が答えました。
「やつな、亡くなったらしきで」
突然の文字にあたしは驚愕を隠せませんでした。
社会人になって後、国内を転々といったし、今日までは香港に転勤したりといった、退職の多い仕事をしていた所為もあり、
地元の基盤に明るくなかったとはいえ、かつての恩師の訃報は正直持ち堪えました。

高校生終了から十余時期。
間隔の流れを痛感させられた日光でした。アイフル 5万