細胞の態度についてとペンギンなどについて

生物などについて授業しました。すべての生物の体調は、各種形式とがたいの細胞からできています。次は、植物細胞についてだ。ミトコンドリアは、細胞の息吹を行います。液胞は、物の貯蔵・分解をします。植物細胞で発達します。葉緑体躯は、光合成の場だ。リボソームは、タンパク質で組合せの場だ。細胞壁面は細胞の形式を持ちます。そして、ペンギンなどについて授業しました。ペンギンは、南半球のでかいに生息します。鳥類に分類されるが、飛ぶことはできず海にもぐって魚などを食べます。カメレオンは、トカゲなどのハ虫類のなかまです。灯の触発を素肌で感じとり、体躯カラーを段取りさせます。タツノオトシゴは、全長約9cmの魚類だ。その卵は、ふ化始めるまでオスの腹の中で保護されます。バカロートルは、ウーパールーパーの呼び名で親しまれる両生類だ。幼生のえらを有するとおり成熟します。このようなことを勉強して知らないこともあったので、学べて良かったです。ミュゼ 予約

久しぶりの帰省で旧友との偶然の再会といった恩師の訃報

毎年通年が流れるのが早くなっていくように感じますが、
そんな中でも今年は中でも手早く感じました。
何かとバタバタしていた所為もあるのでしょうが。

あんなある日の昼、久方ぶりの休日で街中を目論見もなくブラブラしていたのですが、
高校生時代の周りにバッタリ遭遇しました。
その旧友はあたしに声を掛けてきました。
「久方ぶりやな。元気にしてた?」
「まぁまぁかなぁ。あたいは?」
「俺も」
こんな感じで軽々しい世言明をしたのですが、
その周りが突然思いついたように
「あ!そういえば、高2の時の担任憶えたる?」
と言いました。
高2の時の担任は、こちらが終了と共に辞職で退官した先生でしたのでおみやげに残っていました。
「憶えてるけど、それがどうかしたん?」
あたしが尋ね、旦那が答えました。
「やつな、亡くなったらしきで」
突然の文字にあたしは驚愕を隠せませんでした。
社会人になって後、国内を転々といったし、今日までは香港に転勤したりといった、退職の多い仕事をしていた所為もあり、
地元の基盤に明るくなかったとはいえ、かつての恩師の訃報は正直持ち堪えました。

高校生終了から十余時期。
間隔の流れを痛感させられた日光でした。アイフル 5万